ソーシャルゲームにはまる人

ITにおいてゲームの世界というものも、大分進化したと思います。 ファミリーコンピューターや、ゲームウォッチなどをしていた頃が懐かしいです。それにくらべて、今はパソコン上でゲームをして、全く見ず知らずの他人と一緒にゲームをしたりする、対戦して戦ったりするということに、本当に驚きです。 中にはそういったゲームにはまりすぎて、ご飯も食べられないくらいにパソコンに向かい合い、仕事も手につかなくなっているという人もいるようです。 私は実際の画面を何度か見た程度ですが、そんなにはまるほど魅力は感じませんでした。確かにダイナミックな動きをしますし、ここも出会いの場になるんだろうなという印象は受けましたが、それだけの感情しかありません。 いつでも始められる環境ではあったとしても、魅力を感じなければ始めるという気持ちにならないものです。 実際に男女問わずPCのゲームを毎晩、もしくは休日にしているという人も多いですが、ゲームをすることによって、どういう気持ちになるのでしょうか。仲間を得たような気持ちになるのでしょうか。それとも自分の強さというものを知りプライドを持つ事が出来るのでしょうか。 現実世界というものを忘れさせてくれるという点でも楽しいものかもしれませんが、現実社会に支障をきたしてまでゲームにはまるというのも、どうかと思います。 ただ、そこまではまらせるようなゲームを作ったプログラマはすごいなという気持ちにはなりますね。 今じゃネットワークを通してゲームができる時代。ネットワーク関係の技術者の需要も高くなってくるのでしょうか。 最近では在宅でフリーのプログラマをやっている人もいるというから驚きです。【在宅プログラマ入門書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です